ケーブルTVから切り替える場合

ケーブルテレビからアンテナ受信へ変更  

 試聴障害区域なので、選択肢がケーブルTVしかないと思っている方

 毎月の視聴料がバカにならないので、アンテナ受信に替えたい方  

 ケーブルだったはずの隣人が最近アンテナを立てたのが気になる方

お申し込みはこちら

ケーブルTVからアンテナ受信へ切り替え

現在ご契約されている地域のケーブルTV受信から、屋根上でのアンテナ受信に切り替える施工方法のご提案です。

従来の地上アナログ放送のVHF波と違い、地上デジタルのUHF波は指向性が強い性質を持ちます。今まで多重映り(ゴーストと呼ばれる現象)やノイジーな映像しか受信できなかった地区でも、デジタルなら受信可能な施工例が数多くあります。

それは、デジタルの持つ特性と関係があります。

・映るか映らないかどちらかしかない (中間がない)
・反射波でも受信することができる
・指向性が強く、双方向通信が可能

デジタルには一定レベル以上の信号受信時に、信号復元と同時にノイズ信号を除去する働きがあるため、ゴーストも発生しません。

毎月のケーブルTV受信契約料に頭を悩まされる前に、一度地上デジタルが受信可能かどうかお調べになってみませんか?

毎月視聴料を払い続けるか、一度の設備投資で半恒久的な受信環境を手に入れるか、その答えをお持ちなのはお客様ご本人です。



ケーブルTVと地デジアンテナの混合

ケーブルTVと地デジアンテナを混合

アナログ放送用テレビを有効活用するのにぴったりです。アナログ放送はケーブルで、デジタル放送はアンテナ受信で、同一の壁面TV端子から取り出すことができます。
BSデジタルを混合させることも可能です。

既存ケーブルTV受信設備には手を加えず、新たにアンテナを新設する 既存受信設備に手を加えず、新たにアンテナを新設する場合、「リビングだけ」や「2階だけ」で視聴したい場合に有効です。反面アンテナケーブルが露出する可能性があります。
ケーブルTVインターネット利用の場合 ケーブルTVは解約したいが、ケーブルTVインターネットは使いたい場合などは、ケーブルTVとの契約を継続させる必要があります。その上で、混合か新たにアンテナを設置するかお選び下さい。


プラン内容 料金
【 工事プラン 1 】

・ケーブルTVから新設アンテナ受信へ切り替え

24,150円
【 工事プラン 2 】

・ケーブルTV継続混合+新設地デジアンテナ混合

要見積もり
【 工事プラン 3 】

・新設地デジアンテナ+BSデジタル

地デジ+BSのキャンペーン価格詳細はこちら

44,100円

 

【 工事プラン 4 】

・ケーブルTV継続混合+新設地デジ+BSデジタル

要見積もり

既存受信設備の注意点

既存設備を再利用する場合の注意点は、「デジタルに対応しているか否か」が重要なファクターになってきます。

設置してあるアンテナブースターの周波数帯、分配器、同軸ケーブルなどのアンテナに付随する設備機器がデジタルに未対応の場合、著しい電波減衰や受信障害をもたらすことになります。結果、一部のチャンネルが受信できないなどの弊害が発生します。

弊社は上記条件とお客様のご希望を踏まえた上で、最小のコストで最大限のパフォーマンスを得るための受信環境設計をご提案致します。 まずはお見積もりからお気軽にお問い合わせ下さい。



ケーブルTVからアンテナ受信へ変更する場合の工事料金

ケーブルTVからアンテナ受信へ変更する場合の工事内容

ケーブルTVから新設地デジアンテナへ切り替え

  • 工事料金 24.150円(税込)
地デジアンテナ

工事に含まれる内容

  • アンテナ本体(地デジ対応UHF)
  • 同軸ケーブル(S-5CFB以上)10mまで
  • 取り付け金具
  • 消耗部材(支線/リング/接栓など)
  • ※ブースターが必要な場合は別途(UHFデジタル用¥18.900など)

留意点

地デジチューナー内蔵のTVや映像機器が必要です。未対応のTVの場合、別売の地デジチューナーを接続すれば試聴することが出来るようになります。

地上デジタル/ケーブルTV対応のデジタルチェッカーで電波測定します。

「アナログ放送は視聴できなくてもいい」デジタルへの完全移行が前提なら、コストパフォーマンスに優れた地デジアンテナ単独工事がお薦めです。

最小限の費用で地デジ環境を手に入れることができ、テレビ視聴にかかっていた年間コストが軽減されます。

お申し込みはこちら


ケーブルTV継続混合+新設地デジアンテナ混合

ケーブルTV継続混合+新設地デジアンテナ混合

  • 工事料金  要見積もり

地デジアンテナケーブルTV

工事に含まれる内容

  • アンテナ本体(地デジ対応UHF)
  • 同軸ケーブル(S-5CFB以上)10mまで
  • 取り付け金具
  • 消耗部材(支線/リング/接栓など)
  • ※ブースターが必要な場合は別途(既存設備による)

留意点

既存のケーブルTVでアナログを受信し、新設地デジアンテナで地デジ放送を受信するハイブリッド型の受信設備です。

ケーブルTV/電波障害用共同アンテナなどの受信設備と混合させるのが難しい場合や費用がかかる場合もありますので、要お見積もりとさせていただいております。

アナログ放送受信用のケーブルTV/共同アンテナと併用しながら地デジ受信環境を整えていくのに適しています。

必ずしも混合させる必要はない場合もあります。

お申し込みはこちら


新設地デジアンテナ+BSデジタル

新設地デジアンテナ+BSデジタル

BSデジタルアンテナ地デジアンテナ

工事に含まれる内容

  • アンテナ本体(地デジ対応UHF)
  • アンテナ本体(BS/110°CSデジタル対応)
  • 同軸ケーブル(S-5CFB以上)10mまで
  • 取り付け金
  • 消耗部材(支線/リング/接栓など)
  • ※ブースターが必要な場合は別途(UHF/BSデジタル用¥29.400など)

留意点

BSデジタル放送は一部の有料チャンネル(wowowなど)を除いて、無料かつハイビジョン高画質で視聴できる衛星放送です。

5.1チャンネルの映画配信などもあり、臨場感溢れる映像と音を楽しむことができます。(※5.1チャンネルに対応したAVアンプやスピーカーシステムが必要になります)

地デジ+BSアンテナを屋根上で混合させる施工法と、BSアンテナだけベランダなどに設置してTVと一対一で接続させる施工法があります。互いにメリット/デメリットがありますので、施工前に一度ご相談下さい。

BSデジタル放送は高画質で多様な番組構成を展開しています。BSデジタルを追加すると視聴できる番組が倍になり、満足度がアップします。

地デジと一緒に施工すると割安になります。

デジタル対応BSアンテナは、一台でBSデジタル放送と110°CSデジタル放送が受信できます。「スカパー」を視聴する場合は別途専用パラボラアンテナが必要になり、「スカパー」との契約が必要になります。

お申し込みはこちら


ケーブルTV継続混合+新設地デジ+BSデジタル

ケーブルTV継続混合+新設地デジ+BSデジタル

  • 工事料金  要見積もり
BSデジタルアンテナ地デジアンテナケーブルTV

工事に含まれる内容

  • アンテナ本体(地デジ対応UHF)
  • アンテナ本体(デジタル対応BS)
  • 同軸ケーブル(S-5CFB以上)10mまで
  • 取り付け金
  • 消耗部材(支線/リング/接栓など)
  • ※ブースターが必要な場合は別途

留意点

既存のケーブルTVでアナログを受信し、新設地デジアンテナとBSデジタルで地デジ放送/BSデジタル放送を受信するハイブリッド型の受信設備です。

ケーブルTV/電波障害用共同アンテナなどの受信設備と混合させるのが難しい場合や費用がかかる場合もありますので、要お見積もりとさせていただいております。

BSデジタル放送は高画質で多様な番組構成を展開しています。BSデジタルを追加すると視聴できる番組が倍になり、満足度がアップします。

地デジと一緒に施工すると割安になります。

デジタル対応BSアンテナは、一台でBSデジタル放送と110°CSデジタル放送が受信できます。「スカパー」を視聴する場合は別途専用パラボラアンテナが必要になり、「スカパー」との契約が必要になります。

お申し込みはこちら


ケーブルTVから切り替える場合のオプション工事内容

オプション工事

オプション内容

  • UHF用ブースター取り付け
  • UHF/VHF用ブースター取り付け
  • UHF/BS用ブースター取り付け
  • アンテナポール延長
  • 既存BSアンテナ移設/混合
  • 各分配工事
  • 3階屋根工事                など

備考

ケーブルTVからの切り替えの際に発生しうるオプション工事は他にもありますので、ご希望されるご提案をお聞かせ下さい。


各種アンテナ工事

トップページ

アンテナ新設の場合

既設アンテナの場合

ケーブルTVの場合

地デジ+BSキャンペーン

既設に地デジBS追加

地上デジタルって?

地上デジタルとは

映像端子一覧

メーカーリンク集

地デジマスターBlog

工事お申し込み方法

アンテナ工事価格表

会社概要

サイトマップ

工事日カレンダー

  お申し込み

アンテナ工事に関するメールでのお問い合わせ アンテナ工事に関するメールでのお問い合わせ
地デジマスター安心保障
【 工事保障 】

5年間のアンテナ工事保障
(電子部品の故障も2年間まで補償致します)

【 基本工事 】

高利得型14素子UHFアンテナ使用
(20素子以上の利得が得られ、軽量コンパクトなため風の影響を軽減できるなどの利点があります

・受信環境によってワイドバンド20素子アンテナを使用する場合もあります。